多言語サイト制作&ローカライズ
「WEBL10N/ウェブライオン」
翻訳会社ならではの視点・ノウハウで
グローバルビジネスを成功に導くWebサイトを
トータルプロデュース

世界のことばを操るプロフェッショナルが制作する
0→1 creativeの「WEBL10N/ウェブライオン」

多言語サイト・Webサイトのローカライズ=言語力×専門性×理解力×デザイン力→言語間管理

ただ翻訳するだけでは意味がない

Webのグローバル対応は、対象国のユーザーに製品・サービスの良さを正確に伝えることが重要です。サン・フレアの「WEBL10N/ウェブライオン」は、今あるWebサイトをただ翻訳するのではなく、対象国の文化やビジネス習慣に合わせたWeb制作&LOCALIZATIONを追求しています。日本語版サイトを多言語化する場合には、日本語の微妙なニュアンスや専門用語はわかりやすく現地語化し、色やデザイン、イラストは、その国のテイストに合ったデザインにします。逆に、海外サイトを日本向けに制作する場合でも、日本人に合った日本語表現、デザインに仕上げます。翻訳会社ならではの視点で、お客様の海外ビジネスを成功に導くWebサイトを制作し、その先の言語間による運用管理の煩雑さを解決します。

Webサイト制作

コーポレートサイトや採用サイト、ランディングページなどあらゆるWeb制作に対応します。業界のトレンドを熟知した知見のあるクリエイターがお客様の理想を具現化します。

企画・戦略
現状の課題や悩みをヒアリングするだけでなく、競合サイトとの比較や強み・弱みを調査・分析します。現状をより的確に理解し、お客様のWebサイトを戦略的に企画立案します。
デザイン・実装
ご要望通りのデザインではなく、その期待を超えるデザインを提案します。伝えたいメッセージを最大限訴求するため、ユーザーの属性、好みを考慮したUI&UXを設計し、Webサイトの構築をワンストップで実現します。
システム開発
スクラッチ開発からオープンソースを利用したCMS開発まで、更新性や操作性など多彩な運用を考慮した様々なシステム構築を要件定義、仕様設計から実際の開発実務まで承ります。
運用・保守
“作って終わり”ではなく、そのサービスの成長や将来性も考慮した運用・保守体制を確立。納品後も、お客様の成長に合わせたコンテンツの更新や、ご担当者様へのレクチャー、運用マニュアルの作成など、あらゆる面からサポートします。

多言語翻訳・ローカライズ

専門的なバックグラウンドを持った約6,000名の翻訳者の中から、代表者のメッセージや利用規約、製品・サービスの紹介ページなど、ページごとの意味を本質から理解できる適切な人材を選定します。機械翻訳やクラウド翻訳にはできない“味”のある表現でメッセージを訴求します。「翻訳の専門会社=ことばのプロ」だからこそ実現できる翻訳サービスです。

  • 専門性の高い業界もお任せください
    日本や世界のビジネスを支えている、あらゆる業界の用語・スタイルに対応できます。
    翻訳の専門会社ならではの徹底した品質管理
    複合的な専門性を含む翻訳は厳正なクロスチェックを実施。安心してご依頼いただけます。
    翻訳サービスについて詳しくはこちら
  • 対応言語の数は業界トップクラス
    世界70言語以上に対応。その幅の広さは業界随一です。まずはお問い合わせください。
    対応言語について詳しくはこちら

日本と海外による感性の違い

対象国のトレンドや文化的背景を踏まえたデザインローカライズの実現など、制作のノウハウを活かしたご提案をします。

  • 日本語サイト
    とのレイアウトの違い
    日本では、漢字やカナが混在し余白をあまり使用しない上、少しのスペースに多くの情報を表示させるために複雑なレイアウトになりがちですが、欧米では、画像と見出しテキスト以外の細かい説明文などは記載せず、一番見てほしいものを明確にするシンプルなレイアウトを用いる傾向が強いです。
  • 好まれる色調の違い
    日本では「エコ」のイメージが強い緑色も、欧米では「未熟」「不気味」といったネガティブな印象を与える場合もあります。このような国際的な色彩感覚の違いなども考慮したデザインにしないとブランドイメージは確立できなくなります。
  • ビジュアルの
    受け取り方の違い
    日本では、ひと目で製品・サービスの特徴をわかりやすく伝わるようなビジュアルが好まれますが、海外サイトでは、想像力を要し、面白くユーモアあふれる抽象的なビジュアルが好まれる傾向にあります。

原文リライトチーム、翻訳チーム、制作チームが海外市場で効果的なWebサイトの仕上がりイメージを共有しながら確実に制作進行します。

  • 日本語の微妙な
    ニュアンスの表現
    日本ではビジネス慣習でよく使われる言葉やあいまいなニュアンスの表現などでも文脈の流れなどから相手の想いをくみ取ったりしますが、海外では、そのまま受け取るため、本来の意味とは違う伝わり方をする場合があります。
  • ページあたりの
    情報量の違い
    日本では、自社の良さを100%伝えるため、過度に文字量が多くなりがちですが、欧米で同じ文字量にした場合、ユーザーには文字情報が多すぎて読みにくいと感じられてしまいます。
  • アルファベット文字の
    認識の違い
    日本ではサイトの各コンテンツの内容をより目立たせるために、大見出しなどの要素を大文字のみにしてしまいがちですが、欧米では大文字だけの文字は直感的に読みづらく大声で叫んでいるように感じるようです。

Webサイトの効果を上げる関連サービス

豊富な経験を持った各分野のプロフェッショナルにより、グローバルサイトの効果を引き上げるご提案をします。

Webサイト評価
ウェブユーザビリティに関するヒューリスティック評価/一般ユーザー評価、既存訳文の評価など多種多様な評価実績を有しています。国別のWebサイト評価は、約6,000名のリソースを抱えたサン・フレアならではです。
アクセス分析・改善提案
WebサイトのKPIに応じたアクセス分析をおこないます。例えば、お問い合わせの獲得が最大の目的の場合、コンタクトフォームに至るサイト内動線に不備がないか、取りこぼしているユーザーがいるとすればどこを改善すればよいかなどを検証し、制作のご提案につなげます。一旦制作したWebサイトも引き続き分析・改善フェイズを繰り返し、Webサイトの更なる成果を追求します。
映像制作
企業PR・製品PR・人材採用PRなど、様々なジャンルの映像コンテンツを一貫した体制で制作。「企画力×演出力×コンテンツ制作力」を融合した戦略的なソリューションを、ブランディング/マーケティングの両面から提供しています。YouTube用映像などインターネットメディアを駆使した映像もサポートしています。

ホームページの種類

「Webサイトの多言語化」と一口に言ってもマーケティング戦略やご予算、制作スケジュールにより様々な手法が考えられます。サン・フレアでは、お客様のご要望を丁寧にヒアリングし、最適なソリューションをご提案します。ここでは多言語サイトの一例をご紹介します。

  • 完全多言語ホームページ
    日本語版と同じ構造で多言語化するタイプで、全てのページに多言語版ページが存在しています。コンテンツやデザインは対象国の文化や習慣に合わせてローカライズ。Webサイト多言語化の第一歩として選択されるお客様が多いです。
  • コンテンツローカライズホームページ
    対象国によって展開する商材やサービスが異なる場合、日本語版で設計した構造を生かしつつ、一部コンテンツをローカライズします。日本語版よりページ数はシンプルになります。
  • ブランディングホームページ
    対象国のブランディング・マーケティング戦略に大きく寄ったWebサイトで、日本語版とは別に展開します。日本国内のランディングページがわかりやすい例です。製品にフォーカスしたブランディングサイトやサービスを訴求したページに多く見られます。
  • 小規模ホームページ
    日本語版全体を要約した数ページ規模のサイトです。海外進出への準備段階や、海外展開はしているが本格的な活動はこれからといったお客様に選ばれています。海外で行われる展示会への出展に合わせて、まず最低限の情報を掲載した多言語サイトを低コストで制作したい、といったニーズがあります。

多言語CMS運用サービス

多言語Webサイトの構築は、言語数が多くなるほど作業が複雑になります。
CMSの多言語対応プラグインを有効に活用することで、多言語サイトの運用・管理・翻訳作業を格段に効率良く進めることが可能になります。

更に、翻訳作業時に翻訳データをメモリへ蓄積して、運用時に活用することが可能になります。

多言語Webサイト運用の高効率化
コンテンツや構造が同一の部分であれば、ページコンテンツの翻訳だけでなくメニューやカテゴリーなど全て同期をとって翻訳できるので、地味なドラッグ&ドロップを繰り返すような作業が無くなり、スピーディーな作成と人的作業コストを軽減することが可能になります。全ての構造や内容が同一のミラーサイトでも、一部が同一の多言語サイトでも利用が可能です。

また、新規翻訳作業時に翻訳メモリへの反映を行うことにより、その後の運用でメモリデータを利用した効率の良い翻訳対応が 可能になります。
言語切り替えや複製がスムーズに行える管理機能
各ページ単位で言語切り替えを行うことが可能なので、ミラーリングだけでなく言語によって文章を変更することも可能です。

複製機能を使用することで原文と同じタイトル・本文の投稿が追加されるので、原文タイトルと本文をみながら翻訳文に置き換えることが出来ます。
ワードプレスの管理画面での多言語サイトを一元管理、複製機能で作業効率UPのイメージ画像
多言語Webサイトの運営管理の負担を大幅に軽減!
複数の言語で構築されているWebサイトの運用は、翻訳が必要なだけではなく作業の効率化や精度維持が重要になります。

言語数が多くなるほど管理の負荷も増え、言語毎に更新内容を変える必要がある場合もあります。

CMS+多言語プラグインの利用で、運用の負担を解決する利便性の高い多言語運用サービスを構築します。
  • 利便性1
    管理機能に翻訳フローを組み込み、手続きの手間を軽減します。
    お客様は元言語のWebサイトを更新するだけで、その後は自動的に翻訳作業まで行い、ご確認作業のみで多言語サイトを更新することが可能です。
  • 利便性2
    多数の言語運営でも更新管理を確実に行います。
    元言語の更新内容を自動的に検知するので、見落としや作業のし忘れが無く、多言語サイトの運営管理を行うことができます。
  • 利便性3
    即時性が必要なコンテンツにも対応します。
    即時性が必要な更新も、翻訳メモリを利用することで翻訳作業工数を軽減し、レスポンスを早くすることが可能です。更に作業コストの軽減にもなります。
多言語サイト運用サービスの流れ例

お客様は元言語サイトの更新作業とレビューのみで多言語サイトの運用が出来ます!

プロ翻訳者による翻訳作業を行うことで、専門性の高い産業翻訳にも対応可能な高品質翻訳を提供することが可能なサービスです。
Webマーケティングとしても、人手による翻訳はSEO対応に適したものになります。