サイドメニューボタン
サン・フレアアカデミー

講師紹介

野副 敦史先生

■担当講座

  • 中級講座「IT・通信」
  • 上級講座「IT・通信」

IT・通信 先生への一問一答

―― 翻訳者、翻訳学習に必要なものは何だと思いますか?

「中身を理解して訳すこと。当たり前のようで、意外とできていないケースが見られます。技術翻訳は何も足さず、何も引かずが原則ですが、文法的に正しく解釈できていても、字面の直訳だけでは必ず品質が劣化します。徹底的に調べて、その分野のいっぱしの専門家になれれば、それに越したことはありませんが、そこまで至らない場合(極めて専門化された技術文書では、そういうこともある)でも、「この文書はこういうことを言っている(と思う)」とお客様に説明できる、「自分の中で閉じた」翻訳文を作ってください」

翻訳者を目指す方へのメッセージ

「翻訳をしていて、苦しいと同時に楽しいのが、英文を的確に言い表す言葉探しです。翻訳学校に通っていた頃、クラスのみんなで訳のアイデアを出し合う時間は素晴らしい思い出になっています。これからは、拙いながら教える立場になりますが、言葉選びに関しては初心者もベテランもありません。授業では、皆さんと一緒にブレーンストーミングして、最高の訳を作り上げていきたいと思っています」

■プロフィール

東北大学工学部電子工学科卒業。某大手電機メーカーで十数年にわたり半導体メモリーを開発。英語を生かす仕事を目指すために退社後、翻訳会社数社のトライアルを受け、(株)サン・フレアにも翻訳者として登録。翻訳の仕事を始めてから、サン・フレア アカデミーの講座も受講する。その後、別の翻訳学校に通ったのち映像翻訳にも数年従事。ドキュメンタリーの吹き替えなどを手がける。現在は、再び技術文書に戻り、講師を務める傍ら、翻訳の仕事も手がける現役フリーランス翻訳者。

資料請求