Mobirise Website Creator

多言語音声認識
サポートソリューション


様々な専門分野への対応実績
世界に約5,000名のネイティブリソースを保有

ライフスタイルの変化により、音声認識技術がより身近なものとなりました。音声認識技術がより一層注目される中、サン・フレアは、ローカリゼーションベンダーとしての長年の実績や、世界に拡がる約5,000名のネイティブリソースを基に、音声認識技術を使用されているお客様のサービスをサポートいたします。

音声認識サポートソリューションでできること

音声コーパス収録ソリューション

音声認識で必要となる大量の音声データを学習させることで、認識精度を上げます。
その元となる音声の収録と対応するテキスト作成を行い、お客様ご希望のデータ形式にてご納品いたします。

大規模テキストコーパス対訳翻訳ソリューション

データベースにテキストコーパスを読み込ませ、精度を上げるために大量のコーパスを多言語翻訳いたします。特定のシーンに合わせて、会話文の用例を作成することも可能です。

合成音声チューニングソリューション

合成音声など、より人間に近い発話を実現するためにチューニングいたします。
・CMU発音付与サービス
・音声韻律ラベリングサービス

ソリューションの特徴

音声認識技術のベースとなるデータは「音響モデル」と「言語モデル」があります。

音声を正しく認識させるためには、これらの元となる「大量の音声データ(音声コーパス)」「音声データの書き起こし(テキストコーパス)」「ユーザ単語辞書」の充実がカギとなります。

サン・フレアの音声認識サポートソリューションでは、このデータ作成においてお客様をサポートいたします。

サービス事例

1. 音声コーパス収録ソリューション

参考事例 音声認識の精度を上げるために、ネイティブが発声した様々なバリエーションの音声データを納品しました。

例:男女 15~60歳の発声データを収集

日本語631人/韓国語645人/インドネシア語3,309人/タイ語4,313人/ミャンマー語3,494人/ベトナム語1,046人 など 

2. 対訳コーパス翻訳ソリューション

  • 参考事例1 交通関係(各公共交通機関の駅名・路線名・案内表示・UIなど)のコーパスデータを多言語にしました。
  • 参考事例2 飲食関係(メニュー・案内表示など)の複雑な料理名を多言語化にしました。
  • 参考事例3 地図関係(地域名・建物名など)のコーパスデータを多言語化にしました。
  • 参考事例4 生活会話関係(タクシー会話・病院での会話・飲食店での会話など)のコーパスデータを多言語化にしました。

3. 合成音声チューニングソリューション

参考事例 CMU発音付与サービス

参考事例 音声韻律ラベリングサービス

日本語の音声ファイル及びテキスト文に「韻律情報のラベル」を付け、お客様の人工ニューラルネットワークで認識トレーニングにご利用されました。

ソリューションについてのお問い合わせ

サン・フレア コーポレートサイトへ