メニュー

TEL 03-3355-1168

デザイン/制作

コミュニケーションツールをデザインする。

時には言葉だけでは乗り越えることが難しい、コミュニケーションの障壁。メッセージには、それぞれの相手に「響くかたち」があり、目的に応じて伝わるかたちに変える工夫が求められます。

サン・フレアは、言語力とデザイン力を集結し、お客様が壁を乗り越える翼としてのデザインはどうあるべきかを考えます。コンセプトに基づき、相手に「響く」コミュニケーションツールとしてのデザインを提案します。

サン・フレア人財

  • グローバルを意識したデザイン制作
  • デザインのローカライズ
  • デザインのローカライズチェック
  • 組版チェック
  • フォントチェック
  • デザイン媒体
  • Web
  • マルチメディア
  • 紙媒体
  • 広告

言語・文化背景を考える。

色やフォント、レイアウトなどの印象やその意味するところは、文化により異なります。
また、改行の位置や適正な文字量は、その言語を深く理解していなければ対応できません。
サン・フレアは、こうした言語や文化背景を考慮して、お客様のメッセージがきちんと伝わるデザインを提案します。

また、同じ文化圏では説明不要でも、異文化の人にとっては説明不足、ということもあります。
こうした情報の過不足についても、原文にはない情報(ページセクション)を追加(または削除)するなど、情報のローカライズを提案します。

デザインと翻訳、窓口を一本化。

メッセージを他の言語でも正しく、同じニュアンスで伝えようとするとき、デザインにも考慮が必要です。しかし、翻訳とデザインを別々の会社に委託すると、管理・調整が煩雑となり、円滑なコミュニケーションが難しい場面も出てきます。

サン・フレアでは、言語エキスパートである翻訳者やライターと経験豊富なデザイナーが、チームとなってお客様の案件を担当します。これにより、デザインとコンテンツの両面で質の高いドキュメントを提供できるだけでなく、スピード化を実現し、お客様の管理の負担を軽減します。