対応分野

TEL 03-3355-1168

中国進出支援

薬事申請支援

当社が独自に築き上げた信頼できるネットワークを活用し、医薬品・医療機器で中国を目指す企業を情報と実務の両面から強力にサポート。正確・適時な情報力、法規制整備に携わる専門家の見地に基づく調査力、そして中国での薬事申請承認件数トップの実績を持つCROの実務力。これら3つの力を兼ね備えたネットワークが、以下のサービスの提供を可能にします。

  • 医薬品・医療機器のCFDA薬事申請代行
  • 薬事申請文書の作成
  • 中国における治験実施支援
  • 法規制実務におけるコンサルテーション
  • 業界紙・シンポジウムを利用した広報支援

サン・フレア中国進出支援ネットワーク

中国医薬科技成果移転センターとは

中央政府の技術創造・技術移転体制の構築、科学技術および経済の体制改革などの政策に基づいて1997年に設立された医薬技術移転コンサルタントの専門機構。中国衛生部(日本では厚生労働省に相当)と中国科学技術部(日本では文部科学省に相当)の所轄機構。海外技術を中国に導入し、中国国内の研究を中国企業に紹介することを、主なミッションとする。

中国医薬科技成果移転センターウェブサイト

専門家ネットワークとは

CFDA新薬審査委員会委員を中心とする医療・医療機器の各分野の専門家。

科学技術振興機構(JST)調査報告書「中国医薬品産業の現状と動向」のご紹介

中国の医薬品産業は近年急速な発展を遂げており、2013年の総生産額は2.2兆元(約44兆円)にも達しました。一方、中国の医薬品規制は日本・欧米の制度と大きく異なる点があり、また変化も激しいものとなっています。このことから、中国医薬品産業の関連情報に対する日本の産業界のニーズも大きく高まっています。

かかる現状を背景として、平成27年7月に国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は、「中国医薬品産業の現状と動向」に関する調査報告書を上梓しました。弊社は同報告書の作成を受託し、中国の大学教授等のハイレベルな専門家に調査を依頼し、調査報告書を完成致しました。

調査報告書は3つの章で構成され、第1章「医薬品産業の動向」では産業全体及び業界別(卸売・小売・処方箋医薬品・OCT医薬品)について、第2章「医薬品行政管理の動向」では登録審査・臨床試験・価格管理制度等について、第3章「医療制度の動向」では医療衛生関連法制・医療学会・医療機関・CRO等について、それぞれの現状と動向を紹介しています。

JSTの以下のサイトより調査報告書をダウンロードでき、またJST宛に製本版の郵送も申し込み可能です(製本版は数量に限り有りとのこと)。

『中国の医薬品産業の現状と動向』 送付申し込み/ダウンロードサイト

中国の医薬品ビジネスにご関心をお持ちの皆様に、おおいにお役立て頂ける内容となっておりますので、ぜひアクセス・ご一読を頂けますようお願い致します。