03-6675-3965 受付時間 平日 10:00~20:00 土曜日 10:00~17:00

講座内容

治験実務英語検定 トレーニングコース
Advancedレベル

製薬企業やCRO、治験実施施設、SMO などにお勤めの⽅々(CRA やCRC の皆様)を対象に、「症例報告などの報告業務を円滑に対応できるようになりたい。」「モニタリング報告書などを英語で書く際、⽇本語で書くのと同じように書けるようになりたい。」このような⽅々に、英⽂作成の応⽤を学習していただくためのコースです。テキストによる⾃⼰学習と通信添削指導によって、英語学習を進めていきます。
⽇本CRO 協会が主催する治験実務英語検定のAdvanced レベルに対応したトレーニングコースです。
2017 年3 ⽉末開講予定です。
学習内容【技能:ライティング、読解、リスニング】
※翻訳の講座ではありません。

講座名 治験実務英語検定 トレーニングコース(Advanced)
コース内容
  • テキスト:1冊
  • 通信添削:5回
カリキュラム(予定)
  • 英訳のテクニック
  • 日本人が間違えやすい英語の落とし穴
  • 読解力を上達させるテクニック
  • リスニング力の強化,学習方法
  • 演習(※通信添削指導あり)
通信科 学習期間:6ヶ月
添削回数:5回
対象
  • 治験実務英語検定(Advanced)の受検を検討している方
  • 治験業務担当で英語を使用する方
テキストで取り上げる例文
  • 治験責任医師は、新たに得た安全性情報提供を被験者に口頭にて説明し、被験者に治験継続の意思があることを確認した。新たな安全性情報が記載された改訂後の同意説明文書にて、改めて被験者から同意を取得した。

さらに詳しい資料をご希望の方は「資料請求」ボタンをクリックしてください。

  • 資料請求
PAGE TOPに戻る