03-6675-3965 受付時間 平日 10:00~20:00 土曜日 10:00~17:00

講座内容

治験英訳演習<臨床分野>

治験関連文書の英訳は,医薬翻訳のなかでも需要が大きく,それだけに担当能力のある人材が求められている分野です。今回の演習では,まず第一回で医薬品の開発と治験の目的,法規制やそれにしたがって作成される文書類について概説し,二回目以降では主に治験総括報告書の項目を中心とし,総括報告書に含まれない項目を補足しながら,専門性の高い内容を理解するための背景知識,初めて接する情報の調べ方,翻訳難度の高い和文の読み解き方と英訳の技法について演習を行います。さらに,日本人の多くが苦手とする主語・動詞を中心にすえた英文の組み立て方について,丁寧に指導します。

<講義内容の一例>

たとえば,下記の和文の英訳をかんがえましょう。

診断画像は,すべて2名の放射線医が盲検下第三者読影により評価した。

診断画像,つまり薬効評価のためのX線,CTやMRIの画像は,ふたりの放射線医,画像による診断を専門とする医師が読影,つまり異常があるかどうか,あればどんなものか判定したわけです。さらにその放射線医たちは治験とは利害関係のない第三者であり,盲検下,つまりどの画像がどの被験者のものかわからない状態で読影作業をおこなった,ということです。

この解説をもとに,下記の語句を組み合わせて翻訳してみましょう。

  • 診断画像 = diagnostic image(s)
  • 放射線医 = radiologist(s)
  • 盲検下 = blinded to treatment allocation (形容詞句), in a blinded manner (副詞句)
  • 第三者(の) = independent
  • 読影(により評価) = interpret

以下のようになります。

All diagnostic images were interpreted by 2 independent radiologists blinded to treatment allocation.

この文例は,文章の構造は案外単純なのですが,専門用語満載で,自然な「治験英語」に訳すためには少々知識と経験が必要となる例です。ただこうした専門性の高い文章も,一度文型に馴れてしまうと,苦労せずに訳せます。

では次の和文はいかがでしょう?

世界の喘息患者数は3億人に達すると考えられる。

直訳すれば:
The number of asthma patients in the world is considered to be 300 million.
なんだか改善の余地がありそうですね。喘息の話なので,喘息を無生物主語として文頭におけば:
Asthma is believed to affect 300 million people worldwide.
となめらかに訳せます。

本演習では,このような治験英語の「型」をそろえ,応用のきく治験英訳のテクニックについてご指導できるよう心がけたいとおもいます。

講座名

特別講座 「治験英訳演習<臨床分野>」

日英

通学科 期 間:2ヵ月 (週1回2.5時間/全8回) 開講スケジュール
最少開講人数:2名
受講料: 81,000円(税込み)
通信科 *開講しておりません。
対 象
  • 医薬翻訳を学習している方
  • 治験英訳の基礎知識の習得を希望される方
  • 治験翻訳(英訳)のスキルアップを図りたい方
  • 製薬会社等で治験関連業務に携わっておられる(おられた)方。
  • 医学薬学翻訳者
修得内容
  • 治験ドキュメントの翻訳テクニック
  • 疾患,医薬,統計,法規制などに関する治験の基礎知識
  • 日英間の言語差を克服する英文作成のテクニック
講座内容 <カリキュラム>

【第1回】 治験英訳概論,英文スタイル
以下,7回まで治験総括報告書の主要項目にについて演習します。
【第2回】 緒言,目的
【第3回】 被験者,手順
【第4回】 有効性,統計
【第5回】 安全性,個別症例
【第6回】 解析,考察,結論
【第7回】 倫理,同意書
【第8回】 その他,まとめ

*カリキュラムは一部変更になる場合がございます。

京都大学農学部卒,農学博士。化学企業で農薬の研究開発や医薬品中間体の品質管理を経験した後,語学力を活かして製薬企業に転進,安全性管理部門や,後には薬制部門に所属し,英文メディカルライティングにたずさわる。現在サン・フレア社,ライフサイエンス部門にて,医薬関連の翻訳および文書作成の監督と品質保証を担当。

柳瀬 大輔 先生

Daisuke Yanase

柳瀬 大輔
先生

講座の申込み手順や、受講開始までの詳細については、下記のボタンをクリックしてください。

お申し込みから受講まで

さらに詳しい資料をご希望の方は「資料請求」ボタンをクリックしてください。

  • 資料請求

月2~3回無料で講座説明会を実施しています。 ご希望の方は下記のボタンをクリックしてください。

講座説明会申込み
PAGE TOPに戻る