03-6675-3965 受付時間 平日 10:00~20:00 土曜日 10:00~17:00

講座内容

佐藤 史人先生への一問一答

佐藤 史人先生

――翻訳者、翻訳学習に必要なものは何だと思いますか?

「翻訳は、原文(context)を正確に読み取り、その内容(nuance)を忠実かつ読みやすく別の言語に起こしていくcommunication作業」という視点を大切にしています。言い換えれば、英文和訳では、英語を日本語に置き換えるだけでなく、書き手のlogicが読み手に誤りなくかつ効果的に伝わる訳文になっているかということを常に意識して頂きたいと思います。」

翻訳者を目指す方へのメッセージ

産業翻訳はその対象が専門技術であるため、バックグラウンドがないと翻訳者になるのは難しいのではないか?と思われている方も多いでしょう。しかし、仮にバックグラウンドがあったとしても、原文の内容を一読で理解できることはありません。「訳文をゼロからすべて自分で作らなければ」と考えると敷居が高くなります。特に、翻訳の学習を始めようとされている方や伸び悩んでいる方は「当該分野の技術者が書いた文献の中から原文に対応する表現を探し出し、紡ぎ合わせて訳文に整えていく(=商品に寄せていく)というスタンス」で取り組んでみると良いでしょう。翻訳の実務で大切なのは知識のある人が書いた文章のように仕上げることです。
なお、私見ですが、地道にコツコツと調べ、新しい知識を得ることに喜びを感じる方は翻訳者向きであると思いますので、ぜひ、アカデミーで『翻訳』の扉を開いてみて下さい。

■ プロフィール

慶應義塾大学理工学部化学科卒業。
専門は有機化学関連。現在はサン・フレア アカデミーの講師を務める傍ら、大学受験向け予備校で高校生に「化学」を教える。日本翻訳連盟(JTF)会員、日本化学会(CSJ)教育会員、ほんやく検定1級(英日)取得。

■ 担当講座はこちら

  • [通信科] [通学科] 上級講座

    化学
  • 短期講座

    広報・マーケティング和訳演習

講座の申込み手順や、受講開始までの詳細については、下記のボタンをクリックしてください。

お申し込みから受講まで

さらに詳しい資料をご希望の方は「資料請求」ボタンをクリックしてください。

  • 資料請求

月2~3回無料で講座説明会を実施しています。 ご希望の方は下記のボタンをクリックしてください。

講座説明会申込み
PAGE TOPに戻る