03-6675-3965 受付時間 平日 10:00~20:00 土曜日 10:00~17:00
  • HOME 
  • > 短期講座 環境英訳演習

講座内容

短期講座 環境英訳演習

温暖化の影響と思われる異常気象が頻発している昨今、これまで以上に環境と人間の安全、暮らしとの関連性に注目が集まっており、環境保護団体や各国の環境当局のみならず、企業や国民一人一人の行動が求められています。本短期講座では、社会のさまざまな構成員による近年の環境保全の取組みをトピックとして取り上げ、日英翻訳に取り組んで頂きます。

企業の環境活動(第1回)、企業団体・企業連携による環境活動(第2回)、NGOによる自然の力を活用した災害からの復興の取組(第3回)、風力発電の更なる普及のための意思決定者・規制当局への提言(第4回)というトピックに対して、それぞれの読者層を想定したうえで読みやすい自然な訳文を作り上げていきましょう。

*全4課題中2課題は、「環境<実践>(英日/日英)」と同じ内容になります。

課題の一部抜粋

第4回課題 「産業振興の側面から見た風力発電への期待」

2,000kW級の大型風車はブレードの直径約80m、タワーの高さ約60mにも上る大型構造物である。ナセルの中には発電機のほかブレードの回転を伝える主軸、軸受、回転数を変換する増速機等の主要部品が収められ、まさに電気機器、制御装置、パワーエレクトロニクス等、多様な部品・機器の集合体である。部品点数は分類の仕方にも拠るが1~2万点に上るといわれ、風車産業は、風車メーカーから部品、及び部品を形成する素材に至るまでのサプライチェーンが構築されるという点において、自動車産業にも似た産業構造になっている。ガソリン自動車の部品点数は約3万点、電気自動車では約1万点といわれるため、部品点数だけ見れば、自動車産業に匹敵する裾野の広さとの見方もできる。2010年時点における世界の風力発電関連雇用者数は50万人と推定されている。

講座名 短期講座 環境英訳演習
通信科 受講料:24,500円(税込)
講師:山崎 厚子
対 象
  • 英訳のスキルアップを図りたい方
  • 環境分野の翻訳に興味のある方
  • 環境分野の翻訳のスキルアップを図りたい方
講座内容 <講座カリキュラム>

第1回:
企業の環境活動(日系企業による社内での環境への取り組み紹介文)
第2回:
2030年に向けた経済界の挑戦(企業団体による今後の環境保全のための実行計画)
第3回:
NPO法人の取組(自然保護NGOによるアウトリーチ活動紹介文)
第4回:
風力発電(産業構造および本格導入に向けて求められる施策分析)

担当講師

環境、エネルギー、ビジネス分野の英日・日英翻訳者
総合シンクタンクの海外事業担当部にて環境、エネルギーほかビジネス分野の翻訳に携わる。現在、サン・フレア アカデミーで環境<中級><上級>の通学科講師を担当。

img_ayamazaki

山崎 厚子
先生

講座の申込み手順や、受講開始までの詳細については、下記のボタンをクリックしてください。

お申し込みから受講まで

受講を希望される方は「講座申込み」ボタンをクリックしてください。

  • 講座申込

さらに詳しい資料をご希望の方は「資料請求」ボタンをクリックしてください。

  • 資料請求

月2~3回無料で講座説明会を実施しています。 ご希望の方は下記のボタンをクリックしてください。

講座説明会申込み
PAGE TOPに戻る