悪訳・誤訳のない読ませる翻訳を作るには、何がポイントか。翻訳者・チェッカーとしての長年の経験で培われたノウハウを豊富な文例で系統的に紹介。これから翻訳者を志す人からプロ翻訳者まで必携の一冊。

2013年9月1日以降の新規受講生さま、および、継続受講生さまへ 翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道 をもれなく贈呈いたします。

『翻訳の布石と定石 実務翻訳プロへの道』

目 次

第1章 基本変換I

  • 1A.無生物主語
  • 1B.名詞構文、動名詞構文、形容詞構文
  • 1C.畳込み構文の展開

第2章 基本変換II

  • 2A.能動か受動か
  • 2B.to不定詞とso that構文-訳し下げか訳し上げか
  • 2C.関係節

第3章 重要構文

  • 3A.分詞構文
  • 3B.with付帯状況構文
  • 3C.ANDとOR
  • 3D.多義接続詞

第4章 その他の操作

  • 4A.定型的組換え
  • 4B.別品詞で訳す
  • 4C.長文を切って訳す、前から訳し下げる
  • 4D.その他の手法

第5章 訳文の手入れ

  • 5A.日英の違い
  • 5B.動詞に関する諸問題
  • 5C.訳文の手直し
  • 5D.一義性の確認 意図とは別のかかり方にとれないか

第6章 正確な直訳のために

  • 6A.文構造の理解
  • 6B.内容の解明
  • 6C.辞書と語彙

1~3章には各節の末尾に練習問題を、4~6章には章末に応用問題を付けてあります。

  • ボタン_講座一覧
  • ボタン_資料請求
  • ボタン_講座説明会
  • ボタン_講座申込み
PAGE TOPに戻る