講座内容

はじめての翻訳技法

この講座では、各分野に進む前に「これだけは知っておきたい」訳文表現と構文のポイントを理解し、正確で自然な訳文を作る上で必要な技術を体系的に習得します。優れた翻訳には、英文法の正しい理解と、専門的な内容を理解する(調査する)素養が不可欠ですが、それだけでは意味が伝わらない直訳に陥ってしまうことも少なくありません。一方で、個々の表現を改善しようとするあまり、原文の内容を無視した意訳になってしまうことも多々あります。どのようにすれば、最小限の操作で原文と等価な訳文を作れるようになるのか・・・この講座では、経験豊富な講師が、分野を問わず応用できる翻訳のコツとパターンを項目別に伝授し、「伝わる翻訳」の真髄に迫ります。

講座名

はじめての翻訳技法

英日

テキスト A4版1冊 100頁《通学科・通信科共通》 テキストサンプル
通学科

合計受講時間:16 時間 開講スケジュール
2ヵ月(週1回 2時間×8回)
受講料:49,000円(税込)通学科受講料一覧

通信科

学習期間:3ヶ月(有効期間:6ヶ月)
添削回数:7回  質問件数:14件
受講料:32,000円(税込)
通信科受講料一覧

インターネット科 内容:通信科の学習+動画視聴 専用サイトはこちら
期間:3ヶ月(有効期間:6ヶ月)
添削回数:7回  質問件数:14件
受講料:40,500円(税込)
※ 動画視聴のみは、8,500円(税込)

【注】

動画は専用サイトにログインして有効期間中はいつでも視聴可能です。
専用サイトへのログイン情報は別途ご案内いたします。
テキスト本体をお持ちでない場合、講義についていくことが難しいため、動画の
みの受講は推奨していません。尚、テキストのみの販売はしておりません。

対 象
  • 実務翻訳を初めて学習される方
  • 各分野の翻訳経験はあるが、訳文の表現力に不安がある方
  • 英文法はある程度理解できているが、専門分野が決まっていない方
指導内容
  • 英語と日本語の表現方法の違いに着目し、翻訳表現を系統的に習得することで、原文と等価な訳文に仕上げる
  • 実務で頻出する構文の特徴を理解し、英文の情報を正確に解釈する
講座内容
  • 動詞と態―受動で訳すか、能動で訳すか
  • 名詞構文―名詞で訳すか、文で訳すか
  • 無生物主語構文―パターンを理解し、意味上の主語を見抜く
  • 分詞構文と付帯状況構文―前提と帰結の関係に注意
  • 動名詞構文―「名詞+~ing」の正体を考える
  • 結果を表す構文―不定詞、so that~の訳し方
  • 関係代名詞―前から訳すか、後ろから訳すか

講座の申込み手順や、受講開始までの詳細については、下記のボタンをクリックしてください。

お申し込みから受講まで

受講を希望される方は「講座申込み」ボタンをクリックしてください。
さらに詳しい資料をご希望の方は「資料請求」ボタンをクリックしてください。

  • 講座申込
  • 資料請求

月2~3回無料で講座説明会を実施しています。 ご希望の方は下記のボタンをクリックしてください。

講座説明会申込み
PAGE TOPに戻る