講座内容

特許翻訳

需要の多い特許翻訳では、さまざまな分野での最新技術に関する知識と、
明細書独特の文体・形式の習得が必要です。

弁理士の皆様へ

サン・フレア アカデミーは日本弁理士会より継続研修を実施する外部機関として認定されています。
詳しくはこちら

講座紹介

弁理士の皆様へ

通学科の「特許明細書<中級>A/B」「特許明細書<上級>A/B』は、日本弁理士会の継続研修として申請することができ、外部機関研修として所定の単位が認められます。ただし、日本弁理士会への登録申請に時間がかかるため、各学期、下記の申込期限を設定しております。
4月期:2月末、7月期:5月末、10月期:8月末、1月期:11月末
単位取得を希望される方は、スタッフまでご連絡ください。

継続研修として受講する際の注意点

  • 公共交通機関の遅延などの自己の行為に起因しない理由であっても、15分以上遅刻した場合には受講したものと認められません。
  • 中座、早退の場合も受講したものと認められません。

講師紹介

【到達目標】専門講座修了時点

  • TQEに合格できる盤石の翻訳力を固める
  • 安心して仕事を任せてもらえるビジネス力を養う
  • 自分自身を磨くためのネットワークとフットワークを知る

特許翻訳に不可欠な「原文読解力」「訳文表現力」「専門知識」の3つを、高度にバランスよく身につけていただくことに主眼をおきます。さらには、TQEで不合格になる要因、プロとして活躍するための留意点、翻訳者のネットワーク作り、インターネット検索法など、現場での生のノウハウを余すところなく皆さんに伝えます。
Every wall is a door!

画像_松田浩一先生松田浩一
先生

東京大学理学部生物学科卒。京都大学理学部修士。フローニンゲン国立大学(オランダ)、オックスフォード大学(英国)、ダンディー大学(英国)で細胞生物
学・分子生物学の研究に従事。帰国後はフリーランスの特許翻訳者(バイオ・医薬分野)として活躍中。

画像_大塚 英先生大塚 英
先生

特許明細書の翻訳では、原文と等価な訳文を作成することが求められますので、原文を正確に理解し、適切に表現できるよう、単語のニュアンスの理解・言葉の感覚に重点を置くようにしています。その他、実際に役に立つ事柄、例えば、パソコンやインターネットの生かし方など、通学科ならではの「かゆい所に手が届く」講座を目指しています。また、私自身のpre-OJT、OJTでの経験を生かし、講座の中で、学習法の相談にのらせていただくことも多いです。せっかく教室まで足を運んでいただくのですから、和気あいあいと楽しい時間を共有しながら、優れたプロの翻訳者を目指す受講生の皆様のお手伝いをさせていただきたいと思います。

画像_吉田文華先生吉田文華
先生

講座の申込み手順や、受講開始までの詳細については、下記のボタンをクリックしてください。

お申し込みから受講まで

受講を希望される方は「講座申込み」ボタンをクリックしてください。
さらに詳しい資料をご希望の方は「資料請求」ボタンをクリックしてください。

  • 講座申込
  • 資料請求

月2~3回無料で講座説明会を実施しています。 ご希望の方は下記のボタンをクリックしてください。

講座説明会申込み
PAGE TOPに戻る