講座内容

治験和訳演習<非臨床分野>

ここ数年、治験関連ドキュメントの翻訳需要が高まり、数多くの文系出身の方が本ドキュメントの翻訳者として活躍されています。ただ一方で、臨床分野は得意でも非臨床分野の翻訳は自信がないという声もよく聞かれます。本講座では、需要の最も多い「毒性」パートを中心にとりあげ、「薬物動態」「薬理」各パートについては、治験薬概要書を題材にしてポイントを解説します。臨床分野と非臨床分野で訳が異なる用語等、非臨床試験独特の表現を身につけることを修得目標とします。

講座名

特別講座 「治験和訳演習<非臨床分野>」

英日

通学科

期 間:2ヵ月 (週1回2.5時間/全8回) 開講スケジュール
最少開講人数:1名
受講料: 81,000円(税込み)

通信科

学習期間:3ヶ月(有効期間:6ヶ月)
添削回数:8回  質問件数:16件
受講料:49,000円(税込み)

対 象
  • 医薬翻訳を学習している方
  • 「治験和訳演習<臨床分野>」修了者
  • 治験翻訳(非臨床分野)のスキルアップを図りたい方
  • 製薬会社等で治験関連業務に携わっておられる(おられた)方。
  • 医学薬学翻訳者
修得内容
  • 非臨床試験に関する全体的なイメージ
  • 治験薬概要書(非臨床分野)の構造
  • 非臨床試験を翻訳する上でのテクニック(用語・表現、他)
講座内容
【第1回】 非臨床試験全般

  • 非臨床試験全般の説明
  • 用語、基本的な表現の問題演習など
【第2回】 毒性①(反復投与)
【第3回】 毒性②(生殖発生)
【第4回】 毒性③(遺伝毒性)
【第5回】 毒性④(全般)
【第6回】 製剤
【第7回】 治験薬概要書①(薬物動態)
【第8回】 治験薬概要書②(薬理)

担当講師

お茶の水女子大学家政学部食物学科・徳島大学薬学部薬学科卒業。
徳島大酵素化学研究センター、薬品会社勤務を経て、TQE 合格後フリーの翻訳者として活躍中。
現在、当アカデミーの専門講座「医学・薬学英語科」、特別講座「治験和訳演習<臨床分野>」の講師を務める。

img_khamada

Kyoko Hamada

濱田 京子
先生

講座の申込み手順や、受講開始までの詳細については、下記のボタンをクリックしてください。

お申し込みから受講まで

受講を希望される方は「講座申込み」ボタンをクリックしてください。
さらに詳しい資料をご希望の方は「資料請求」ボタンをクリックしてください。

  • 口座申込
  • 資料請求

月2~3回無料で講座説明会を実施しています。 ご希望の方は下記のボタンをクリックしてください。

講座説明会申込み
PAGE TOPに戻る