サン・フレアアカデミー

セミナー

拒絶理由通知書の英訳プロセス<資料準備から実践まで>

2019年6月15日(土)13:00~17:00

特許の出願後に特許庁との間で発生する手続を総称して「中間処理」と呼びます。中間処理中には、翻訳対象となる様々なドキュメントが発生します。その中でも審査官から発せられる“拒絶理由通知書”は明細書に次いで、翻訳の発生頻度が高いドキュメントです。そして中間処理翻訳では、明細書などの参考資料を有効活用することが翻訳の質やスピードに大きな影響を及ぼします。

本セミナーでは現役の特許翻訳者であり、長年中間処理の翻訳業務に携わっている小橋圭一先生を講師にお迎えします。中間処理翻訳で需要の多い拒絶理由通知書を題材に取り上げ、限られた時間の中で当該案件に対応するためのコツと実践的な翻訳テクニックを解説します。

開催日時
2019年06月15日(土)13:00 〜 17:00(途中休憩あり)
申込締切日
2019年06月01日(土)
課題締切日
2019年06月04日(火)中 ※添削なし。講義で解説します。
受講料(税込)
¥9,800

※受講料はお申し込みから1週間以内にお支払いください。
お客さまのご都合による当日の不参加・遅刻・早退の場合、返金はいたしません。
セミナーについての規定はこちらをご確認ください。

定員
24名
会場
サン・フレア アカデミー教室

※受付は弊社ビル2階です。

対象者
  • 特許翻訳者
  • 企業知財部、特許事務所等に勤務している翻訳者
  • 中級講座「特許明細書A/B」を修了している方
  • 上級講座「特許明細書A/B」を受講中の方/修了している方
講師

講師

小橋 圭一

大学卒業後、技術研修の通訳等を経験。特許事務所勤務を経て、フリーランス翻訳者として独立。

特許事務所勤務時代からの翻訳歴は20年を超え、明細書や中間処理文書等の和訳・英訳を数多く担当。

資料請求