03-6675-3965 受付時間 平日 10:00~20:00 土曜日 10:00~17:00

セミナー情報

文法力を磨く~TQE・トライアルの合否の分かれ目~

2018年7月7日(土)13:00~17:00

TQEやトライアルで出題される課題文は難しいものが含まれますので、受験者に求められる英文法はかなり高いレベルになります。しかし、これまでのTQE受験者の結果から判断すると、このことは十分に認識されていないようです。また、翻訳実務においても英文法をしっかり把握した上で訳文作成に取り組む必要があります。「文法上の基礎力と応用力がうまくかみ合ってはじめて正確なわかりやすい訳文が書けるようになるのであり、したがって、TQEを合格するに当たっては文法力が不可欠である」ことを理解し、文法の応用力の習得が大切です。英文法の学習には時間がかかりますが、やれば必ず翻訳力向上に結び付く成果が得られるものです。

◆課題例~前置詞”with”の基礎と応用~

(A) The merchant lay dead, with his money stolen.

まずはじめに(A)の例文を訳してみてください。
コンマで区切られていますが、皆さんは前後どちらから訳しますか。

(B) This has generated huge interest in these liquids, with their first applications in industrial organic synthesis now being reported.

こちらの例文は (A)の文法構造が理解できるときれいに訳せますよね。
答えはセミナーにて!

セミナーではTQEの過去問の中から間違いが多かった文法を取り上げます。事前に課題に取り組んでもらいますが、文法的に「何がテーマか」は伏せられています。TQE対策として是非ご参加下さい。

※事前課題があります(添削指導あります)。問題公開までお待ちください。※

講師

山口 正晴 

実務翻訳者、サン・フレア アカデミー講師。九州大学理学部卒業後、大手総合化学会社の化学薬品研究課に勤務。現在は当アカデミーの初級講座「はじめての翻訳文法」、初級講座「はじめての技術翻訳B」等の講師を務める傍ら、フリーの翻訳者としても活躍中。

場所

サン・フレア アカデミー教室

開催日

2018年7月7日(土)

講義時間

13:00~17:00(途中休憩あり)

受講料

9,800円(税込)

定員

24名

申込締切日

6月29日(金)

課題締切日

7月2日(月)

事前課題は、お申し込み完了後、マイページからダウンロードしてください。
マイページの使用方法はこちらをご確認ください。

対象者

・TQE受験に向けて文法を復習・強化したい方
・文法が苦手・強化したい方

申込方法

マイページからお申し込みください。
その他セミナーについての規程は こちらをご確認ください。

PAGE TOPに戻る