03-6675-3965 受付時間 平日 10:00~20:00 土曜日 10:00~17:00

セミナー情報

目指せプロの道! 治験英訳セミナー

2018年3月10日(土)13:00~17:00

医学・薬学、特に治験の翻訳は需要の高い分野であり、常に最新の情報と接することができるとても興味深い分野です。このセミナーでは、治験実施計画書、治験総括報告書、インフォームド・コンセント、添付文書について、汎用される表現や特有の表現に留意しながら、課題を英訳していただきます。現時点で専門知識を身につけていないと医学・薬学の翻訳ができないというわけではありません。専門知識はその都度、調査によって得ることができます。調査の方法やコツについてもセミナーで触れていきたいと思います。
このセミナーで治験分野の翻訳に興味をもっていただき、プロを目指ざすための足がかりにしていただければ幸いです。

<セミナー内容>
課題の添削はありませんが、提出していただいた解答は講義に反映させます。提出課題数は、下記課題例1、2を含め、長文・短文を合わせて10題程度です。治験実施計画書、治験総括報告書、インフォームド・コンセント、添付文書の4分野から出題します。

<課題例>
課題例1 (治験総括報告書から)
本治験は、未治療の多発性硬化症(MS)患者に対するAAAの異なる2用量とBBBの標準用量を比較する第II相無作為化非盲検並行群間試験である。84例を組み入れ、AAA 10 mg/日、AAA 20 mg/日、又はBBB 20 mg/日を1日1回10日間連日皮下投与する3群に1:1:1の比で無作為に割り付けた。主要評価項目は、10 m歩行時間のベースラインからの変化量とした。

課題例2 (インフォームド・コンセントから)
AAAが人間の胎児や授乳中の乳児に及ぼすリスクについては、現在わかっておりません。妊娠の可能性のある女性は、治験期間中や治験薬の最終服用後4週間は、適切な避妊法を実施していただきます。

解答はセミナー当日に!

講師 清野先生_semi

清野 真子

サンフレア・アカデミーの医学・薬学基礎講座及び専門講座受講の後、2008年12月に翻訳実務検定「TQE」合格。フリーランスの翻訳者として、治験関連文書等の英訳・和訳に携わる。また、サン・フレア アカデミーの講師として、中級講座「医学・薬学」や企業研修の講師を務める。2018年4月開講予定の特別講座「治験英訳演習<臨床分野>」も担当予定。

場所

サン・フレア アカデミー 教室

開催日

2018年3月10日(土)

講義時間

13:00~17:00

受講料

9,800円(税込)

定員

24名

申込締切日

2018年2月24日(土)

課題締切日

2018年3月3日(土)中  ※添削なし。講義で解説します。

対象者

・治験英訳のプロを目指したい方
・医学・薬学の和訳翻訳を学習された方または、学習を検討中の方
・医学・薬学の英訳経験は問いません

申込方法

マイページからお申し込みください。
その他セミナーについての規程は こちらをご確認ください。

 

PAGE TOPに戻る