03-6675-3965 受付時間 平日 10:00~20:00 土曜日 10:00~17:00

セミナー情報

【大阪会場】英文契約書翻訳のルールを学ぶ

2018年2月17日(土)10:00~15:30
契約書は、日本語、英語いずれの場合も表現が堅苦しく難解で、近づき難い印象を受けることがありますが、用語、表記には共通のルールがあり、これに基づいて読み込むと、内容をよく理解することができます。
また、契約の相手方も、共通のルールに基づいて契約書を読むことになるため、このルールに従うことは契約書翻訳の必須の条件であり、無視する(気が付かない)と、とんでもない誤解を生み、ビジネスにマイナスの影響を及ぼすこともあります。
本セミナーでは、契約書の翻訳例(誤訳例)を通して、ルールを理解することの重要性を学びます。


<セミナーの概要>

事前課題の添削例に基づいて講義します。実際に訳してみると、自分の癖や弱点に気付くことがよくあります。

<課題例>
下線部に注意して、次の条項を訳してみましょう。

・The licenses in this Article 3 also include immunity under the A Patents and B Patents for the manufacturers, service providers and other suppliers of A and B and their Subsidiaries…

・X shall assist in converting the Services to the new provider so long as Reseller pays all mutually agreed upon fees and reasonable out-of-pocket expenses to be incurred by X to make the conversion…

* 課題は、翻訳実務検定「TQE」と同等レベルの出題をします。

<事前課題について>
マイページから課題をダウンロードし、課題締切日(2018/2/7AM)までにファイルをアップロード(提出)してください。

◆ ◇ ◆ 本セミナーは大阪での開催となります。 ◆ ◇ ◆ 

講師 IMG_2182-crop

栄 隆志

東京大学卒業。公務の現場で許認可、契約等の業務に従事。海外研修を機に英語を学習し、翻訳実務検定「TQE」(2012年「時事・新聞」、2014年「法務・契約書」)に合格。その後、翻訳者に登録。翻訳の傍ら、サン・フレア アカデミーでは「法務・契約書」(中級、上級)通信科講師のほか、企業研修講師を担当。

場所

NSE貸会議室 堂島淀屋橋店 会場へのアクセス

開催日

2018年2月17日(土)

講義時間

10:00~15:30(途中休憩あり)

受講料

9,800円(税込)

定員

30名

申込締切日

2018年2月3日(土)

課題締切日

2018年2月7日(水)中

対象者

・契約書や法務分野の翻訳者を目指している方
・「法務・契約書」講座の受講・修了生
・TQEやトライアルの受験を考えている方
・翻訳者(スキルアップを図りたい方)

申込方法

マイページからお申し込みください。
その他セミナーについての規程は こちらをご確認ください。

 

PAGE TOPに戻る